ずわい蟹を美味しく茹でるコツ公開

茹であがったばかりのカニの味は格別ですよね。

 

茹で方にはコツがありますが、そのコツさえ覚えれば
ご家庭でもできますので、この機会に覚えておいて下さい。

 



ご家庭向けレシピ

 

1.甲羅を下にして茹でる
カニを茹でるときは甲羅を下にして茹でるのは基本中の基本です。


カニミソが漏れないようにする為です。
仮に甲羅を上にして茹でるとカニ味噌が出てしまいます。


また、下にして茹でても半茹でだとカニ味噌がよく固まらずに、茹で汁に出てしまい風味が落ちる原因にもなります。


2.塩加減を考える
塩加減は、少し多めに入れるのが無難です。


目安は海水の濃度位。
水1リットルに対して35グラム(濃度3.5%)です。


ずわい蟹やせいこ蟹は少な目の20グラム。
毛蟹やタラバガニは多めの40グラム。


3.茹で時間を守る
茹で時間は蟹を入れて再沸騰してから測ること。


茹で過ぎると蟹の身が硬くなり風味が落ちてしまいます。
茹で時間は沸騰したお湯に蟹を入れて再沸騰させて、中火で15〜20分。
これは、蟹の大きさによって調整するようにして下さい。


4.茹であがりは氷水で〆る
茹であがりは数分程度、氷水に付けて〆ます。


そうすることで、身が固まり殻から外れやすくなります。


熱々が食べたい方は、茹で上がりを水洗いして、汚れを落としてから調理して下さい。