【保存版】ずわい蟹の見分け方!美味しい蟹を失敗なく買う方法

ずわい蟹を通販で買おうと思っても「選ぶ基準が分からない」ことないですか?

 

いいズワイガニを選ぶ目利きはプロでも難しいものです。

 

 

蟹は脱皮して直ぐは殻がスカスカで身も味気ない物になってしまいますので、

脱皮してからある程度の日数が経ち殻が固くなっている物を選びましょう。

 

次からずわい蟹を選ぶ基準を店頭・通販別に出してみました。

 

冬にずわい蟹を購入される時の参考にして下さいね。

 

お店でずわい蟹を選ぶ時は店員に聞く!試して欲しい4つの事

 

腹が白くない

脱皮したてのずわい蟹の腹は白っぽい色をしています。
日数が経てば徐々に色ついて来ますので、

色の濃いめの物が良いでしょう。

 

殻が固くしっかりしている

脱皮したばかりのずわい蟹の殻は柔らかくふにゃふにゃしています。
それが、日数が経てば色が鮮やかになり殻も固くなります。

 

そうなった時が身の詰まりが良くて食べ頃です。

 

ずっしりしている

比較対象があれば一番分かりやすい選別法です。

 


重いずわい蟹にはその分身もぎっしり詰まっています。

 

できるだけ重いものを選ぶようにしましょう。

 

爪が大きくしっかりしている

脱皮も終わり親ガニになったずわい蟹は爪が大きくしっかりしていて硬いです。
爪が簡単に割れないずわい蟹を選びましょう。

 

蟹に貝みたいなのが沢山付いている

ずわい蟹にはトコブシみたいな小さな黒い貝が沢山付いている物もあります。

 


これはカニビルと言って多いほど美味しいカニだと言われています。

 

カニビルは害は無いので多いものを選びましょう。

 

 

通販でずわい蟹を選ぶ時に気にして欲しい4つの事!

歴史の長く流通量の多い業者を選ぶ

歴史が長く流通量の多い会社は設備がしっかりしており、

鮮度がいい状態で配送できる仕組みを持っています。


通販で生ずわい蟹はオススメしませんが、

ボイルずわい蟹ならこの様な会社を選びましょう。

 

CM広告が多い業者を選ぶ

宣伝広告費を沢山使える会社は売れていて

在庫の回転も良い傾向にあります。

 


逆に売れてない会社は数年前の古い在庫の蟹を

採れたてと謳って販売するので注意が必要です。

 

訳あり以外の特価品に手を出さない

訳アリ品はそう明記されてるのでいいのですが、キロ売りや均一売りは曲者です。

 


キロで買う場合は小さい蟹を沢山買うのではなく、大きい蟹を選びましょう。

 


そちらの方が身入りが良くて食べれる部分も多く結果的にお得です。

 

口コミ・評判を参考にする

初めて通販で買われる方はやはりこれが一番でしょう。
以前に買った方の口コミや評判、それも真実が書いてあるのなら本当に参考になります。

 


その場合は、綺麗に書き直された口コミより

手書きの手紙の写真などを見て判断されるのが真実味があってオススメです。

 

以上をふまえて、今年は後悔しないよう、美味しいずわい蟹を選んくださいね。