蟹は全て食べれる?食べれない部位は・・・

蟹って好きな人にとっては、シーズン中は毎日食べたい物ですよね。

 

蟹身にカニ味噌に、爪・甲羅・脚先・殻は味噌汁の出汁にと捨てるとこがないようですが、鰓(えら)の部分は食べる習慣がないようです。

 

蟹の鰓(えら)とは

 

鰓(えら)は別名「ガニ」と言われ動物の肺にあたります。蟹の甲羅を外すと出現するあのスポンジの様なものが並んでいる不気味な所です。

 

蟹は鰓で呼吸するので、ガニには水中の酸素を取り込む時に使われるフィルターの役割をしていますので、どうしても外水からの不純物が溜まりやすく雑菌が多い部位です。エラはそんなことも有って非常に腐りやすく蟹のエラは鮮度が落ちると黒く黒ずんで来ます。

 

エラは魚でも蟹同様に腐りやすいので鮮度を保つ為にまず、廃棄する部位です。

 

ガニ自体に毒性はありませんが、「腸炎ビブリオ」と言う細菌が付着している場合もありますので、生で食べると腹痛や食あたりを起こすこともあるそうです。

 

なので、「蟹は食うても、がに食うな」 と大辞林の第二版にもあるように、昔からの言い伝えは守ったほうが無難ですね。

 

ガニの調理方法は

熱処理後は毒性もなく食べても問題はありませんが、正直「まずい」です。
エラの機能上細菌や寄生虫なども集まる部位なので、ガニは生では絶対に食べないほうがいいでしょう。

 

活け蟹の場合は火を入れると食べて食あたりになることはないと思いますが、死後数日経つと腐敗の恐れもあり危険です。

 

ガニをアレンジして食べてみようと言う方はくれぐれも活け蟹を使い、カレー粉や味噌を使う等して味の濃い料理でお試しください。

 

ガニは捨てる部位なので、本当は食べないことをオススメします。