ずわい蟹とは

 

 

ずわい蟹は、古くから日本で最も親しまれてきたカニの一つです。

 

 

深海に生息して脚が木の枝に似ていることから楚(すわえ)ガニと呼ばれていたのが起源です。

 

餌は貝類やゴカイなどを食べる雑食で親ガニになるまでに約10年かかり、
9cmを超えなければ漁獲できない決まりになっています。

 

 

毎年の解禁日は11/6 から 3/20まで(富山県以西の地域)

 

「カニのブランド」というのは、水揚げされた漁港名で決まります。
「松葉ガニ」や「越前ガニ」などのブランドガニは、産地の名前がつけられていますが、
元はと言えば全てずわい蟹。
産地の市場に行けばブランドごとのカラータグをつけて売られています。

 

ずわい蟹のブランド

 

松葉ガニ

山陰地方
(兵庫県北部、京都府北部、鳥取県)で水揚げされるオスのずわい蟹。

 

兵庫県では

  • 香住
  • 柴山
  • 浜坂
  • 津居山

 

京都府では

  • 間人
  • 浅茂川

 

鳥取県では

  • 網代

 

一度は聞いたことがあるカニでは有名な漁港ですよね。
一般にネーミングはその漁港名に「カニ」が付きます。

 

最近では北海道産の「北海松葉ガニ」と言うブランド蟹も登場しています。

 

越前ガニ(えちぜんがに)

越前地方(福井県)で水揚げされるオスのずわい蟹。タグは黄色。
漁で水揚げされたその日に、セリにかけられるので最高。

 

三国漁港などは有名です。

 

石川県の加賀や能登地方では「加能ガニ」 タグは水色。
肉付きや弾力、味の濃さや香りは最高。

 

近江町市場では主力蟹として見かけます。